スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本聖公会 「ハンセン病問題啓発の日」

   「ハンセン病問題啓発の日」に関してのお願い
         一2010年2月7日(日・日現後第5主日)一

生の平和 尊い聖務に日々ご多用のことと思います。

 さて、日本聖公会は、2004年に開催された第55(定期)総会で、「ハンセン病問題啓発の日を設け、ハンセン病問題への理解を深めるために祈る件」を決議いたしました。
<その内容は、1.毎年「顕現後第6主日」を「ハンセン病啓発の日」とする。但し、顕現後第6主日がない年は顕現後の最後の主日とする。2.その日にはふさわしい祈祷をささげる。>というものです。そしてその提案理由の中に、「根深い偏見と差別が露になった数々の出来事」を通して、更なる啓発活動を行うことが促されているとの気づきが示されています。

 本年は、2月7日の顕現後第5主日がその日に当たります。ポスターを同封いたしました。どうか、掲示してくださり、また当日の礼拝の中で祈りを共にし、この問題への理解を深めていただければと思います。また、その旨を貴教会の皆様にご案内いただけれぱと願います。

 下記の祈りは、管区の「人権問題担当」が作ったものです。どうぞご活用ください。

  ハンセン病問題への理解が深まるための祈り
慈しみ洗い神よ、み手イエス・キリストは病気のために差別された人々を深く憐れみ、み手を差し伸べて癒されました。キリストに倣って生きる者とされたわたしたちは、一人ひとりが大切にされて生きる社会を築こうと願い求めます。ことにハンセン病を患ったために社会から見捨てられ、苦渋の人生を生きなければならなかった人々の苦しみを思います。これまでに、この苦しみに関心を寄せず、また差別する社会を改める働きをしてこなかったことを思い、雌悔いたします。どうか、すべての人々が、この病気の事実、また回復者の現実など、ハンセン病をめぐる問題を理解することによって、み心にかなう社会を建設することができますように、多くの苦しみの中にある人々の友となり歩まれたみ子、わたしたちの主イエス・キリストによってお願いいたします。アーメン

関連サイト…
日本聖公会管区事務所
****************************************
スポンサーサイト

菊池恵楓園の盆踊り大会 案内

        菊池恵楓園の盆踊り大会 案内

         画像をクリックしてご覧下さい
画像が開いてからもう一度クリックすると大きくなりますよ!


恵楓園では大イベントです。近郷からも大勢参加してくださるようになり、夜店も出ます。大変賑やかなイベントです。是非ご参加下さい。


     09夏祭り    09夏祭りb



****************************************
▲ここまで▲
****************************************



「プロジェクトK通信」の紹介

『プロジェクトK』(2008年09月08日開設)

こんにちは『プロジェクトK』のKは、菊池恵楓園のKです。。
私たちは「プロジェクトK」というできたてホヤホヤのサークルです。

「プロジェクトK」の『K』とは、菊池恵楓園のK、熊本のK、九州のKなのです。
菊池恵楓園とは、熊本県合志市にある国立ハンセン病療養所です。
私たちは、恵楓園の方たちとの交流を通して学び成長していきたいと思っています。
このブログで、活動の内容を発信し仲間を募り、また直接参加できない方にもいくらかの思いを届けられたらと思います。
現在のメンバーは 大学生4名 社会人6名。(2008年9月19日現在)運営の主体は学生です。

小笠原登博士生誕120周年記念集会

DSC00702.jpg
右上の写真は円周寺の山門と本堂⇒

小笠原登博士
生誕120周年記念集会


【昼の部】
  小笠原博士の墓参・ふるさと交流会
日 時:2008年10月9日(木)午後1時~3時
場 所:円周寺(愛知県海部郡甚目寺大字甚目寺字東大門19)

【夜の部】
   ハンセン病問題啓発講演会
日 時:2008年10月9日(木)午後6時30分~8時30分
場 所:名古屋聖マタイ教会(名古屋市昭和区明月町2-53-1)
語り部 太田國男さん(熊本・国立療養所菊池恵楓園入所者)
       「ハンセン病啓発最後の砦」
講 演 藤野豊さん(富山国際大学准教授、ハンセン病問題ふるさとネットワーク富山代表、ハンセン病問題検証会議委員)
       「小笠原登に学ぶハンセン病問題 
~隔離の論理からの解放~」
(いずれも入場無料)

小笠原 登 医師 明治21年7月10日、愛知県甚目寺町にある円周寺の二男として生まれ、大正15年から京都帝大(現在の京都大学)でハンセン病治療を担当。ハンセン病の発病は体質によるところが大きいこと、ハンセン病は不治ではないこと等の考えから、当時の強制隔離、断種に反対しました。82歳で死去。 ハンセン病患者に対し献身的な医療活動をされ、人権擁護も含め公共の福祉増進に尽くされた功績から、平成19年8月5日、甚目寺町より名誉町民の称号が授与されました。                   (愛知県・広報パンフレットより)

主 催 ハンセン病療養所入所者・元入所者人権回復支援連絡会
後 援 愛知県 名古屋市
協 賛 円周寺 甚目寺町 海部郡地域婦人会 平成20年度・愛知県郷土訪問の参加者有志 全国退所者連絡会東海地区さくらの会 真宗大谷派名古屋別院・同教務所 名古屋柳城短期大学 日本聖公会中部教区
問合せ先:日本聖公会中部教区センター
   名古屋市昭和区明月町2-28-1  TEL052(858)1007

暑中お見舞い申し上げます

自分の顔  このブログ「緑の牧場」に
 お立ち寄り下さった皆様に
 心から暑中お見舞い
 申し上げます。

 私が住んでいる国立療養所・菊池恵
 楓園は海抜80メートルの、阿蘇の西
 方に広がる菊池野に在って、熊本市から東北へ14キロ程の所に在ります。今年の夏は例年よりも暑く感じていますが、これも今話題の温暖化のせいでしょうか?部屋には勿論冷房が入っていますが、室内の温度計は30度を遥かに越えています。冷房だけでは足りず扇風機もフル稼働しています。そんな中で時折パソコンに向かって居ます。

昨年の春頃だったと記憶していますが、ホームページを開設して10周年を経た頃に登録していたプロバイダーが破綻した。ホームページの移動をしておけばよかったのですが、その頃は生憎目を患っていてそんな事をする余裕などなく、結局つぶしてしまった。その後、しばらくしてから、目が回復しつつある中で、昨年8月にブログを立ち上げたものの、なかなか思うようには目の回復がならず、年を越してしまった。最近ようやく視力も回復してして、中途半端になっていたブログに手を付けるまでになりました。まだまだ色んなテクニックがあって完成とまでは行きませんが、少しはそれらしくなって来たかなぁと自分なりに納得している昨今です。今後も色んな資料も収集して紹介して行きたいと願っています。お立ち寄りの皆さんから励ましを頂きながら、進めたいと願っています。今後ともにご支援下さいます様お願いし、暑中お見舞いに併せて近況報告をいたします。(この顔写真は自分の携帯で自分を撮ったものです)(ひつじ記)。
FC2カウンター
プロフィール

ひつじ

  • Author:ひつじ
  • ひつじぃの新たなる挑戦!“ブログ”
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
聖書のことば
「主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。」(旧約聖書(口語訳)・詩篇第23篇2節)
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策 国内格安航空券サイトe航空券.com ショッピングカート FC2ブログランキング ブログ サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。