FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.海外旅行で

 イスラエルの旅行記は以前発表した事があるので、今回はエジプト旅行のみにした。この項では、これまでに海外旅行した後日談的な事柄を書くことにした。因みに、海外旅行したのは五回で、一九八七(昭和六二)年一〇月(八日間)、韓国ツアー・定着村問安旅行が最初だった。次に一九九七(平成九)年四月(一〇日間)、イスラエル巡礼旅行。二〇〇三(平成十五)年三月(一〇日間)、アメリカ横断、カウンセリングの研修旅行。二〇〇四(平成十六)年五月(一〇日間)、イタリアのアッシジへ巡礼旅行。そして二〇〇六(平成十八)年三月(十一日間)、シナイ山とイスラエルの旅だった。
 十九年前の韓国ツアーはJLM(日本ハンセン病者救済社法人)が企画したツアーで、全国のハンセン病療養所のクリスチャンを対象に募集され、韓国のハンセン病療養所から社会復帰した人々が集まって形成された部落(定着村)を問安するツアーだった。従って、余り気兼ねなく旅が出来た。韓国での入国検問は、わたしがハンセン病で後遺症を持っているためか、わたしの荷物は手も触れず開けることは無かった。わたしは嫌な感じを受けたが、嫌な感じを受けたのは検問の係官だったかも知れない、と苦笑いした。食べ物で記憶残ったのは「ビビンバ」だった。一〇年後のイスラエルへの旅で機内食に「ビビンバ」が出たが本物にはおよそ及ばなかった。
 一九九七年にイスラエルへ行ったときの検問でも経験したが、飛行場の入国検問所ではあっちこっちで旅行ケースや手荷物を片っ端から開けさせて検査している。そんな中でわたしたちの番が来て、小林司祭が英語で荷物の中身の説明をしていた。その傍にわたしも立っていた。検問の係官が時折わたしの方へ視線を向けていたが、遂に、二人の荷物を開けさせることはなかった。難なく通過できたことも印象に残った。しかし、小林司祭が一人でイスラエルの旅をした時は結構手間がかかったといっていた。そのことを考え合わせると、この係官もハンセン病者の荷物に触れる事をおそれたのかも知れないと思った。
 一九九七年のイスラエルの旅では、飛行機の機内では喫煙席があったが、その後の飛行機の機内では全席禁煙になった。飛行場の構内でも喫煙コーナー以外では禁煙になっていた。しかもアメリカではホテルでも禁煙になっていた。しかし、イスラエルやイタリア、カイロなどではベットルームには灰皿が置いてあった。アメリカへ行った時には、成田空港を出発して成田に帰るまでの約一〇日間に8本しか吸えなかった。そんなに我慢できたのなら、いっその事、その機会にタバコを止めればよかったのに、と冷やかされたことが、今では語り草になった。
 わたしがよく外出することを知っている人たちの中には、「あの顔でよく出かけるもんだ。恥ずかしくないのか!?」と噂する人が居るようだ。また中には「日本国内だけでなくあの顔で外国へ行ってまで恥をかきに行くなんて!?」と噂する人も居る始末。そのことは直接わたしの耳に入った訳ではない。極親しい人、確かな筋から伝え聞いたことだ。以前なら、直接わたしが耳にしたら「旅行は顔でするもんではない。」と言い返していたかも知れない。しかし、今のわたしには、そんな事を言い返す気持ちはない。
 なぜなら、わたしは毎朝の洗顔の折に自分の顔を見ていて、自分がどんな顔をしているかを誰よりもよく知っている。以前は自分の顔が醜くて自分の顔を自ら差別していたが、この醜い顔は病気のためでその他の誰のせいでもないことが分かった。その醜い顔の現実を受け止め、受け入れてから、醜い自分の顔がかえっていとおしくなった。そして、誰の心にも「差別心」があることも分かるようになった。わたしは思う。先ず、自分自身の中に在る「差別心」を自ら克服することなくして、人に向かって「差別を無くそう!」とはいえない。
 ある人が「この世の差別は人の数ほどある」と喝破した。差別心は例外なく誰の心の中にも潜んでおり、常にスタンバイ状態だ。だから一寸したことにも反応し、人を差別する行為に走り易い。だから、何時まで経ってもこの世の中に差別はなくならない。人の差別がはじまりで、遂には争いや戦争にまで発展すると言っても過言ではない。この世から「差別」を無くさなければ「平和」は望めない。差別心は心の問題だからこそ難しい課題だ。
 最後にこのことに気付いた人から「己の差別心を克服すること」を願ってこの度の旅行記を終わる。
スポンサーサイト

4.シナイ山

 第三日目(二十三日)。二泊したカイロのホテルを出発した。今日と明日は、エジプトの奴隷として苦役を強いられていたイスラエルの民を解放したモーセがその民を率いて紅海を渡りシナイ半島に入り、シナイ山で神から「十戒」を授かり、そこから約束の地に入るまでの約四〇年間に渉り彷徨う道程を辿るコースである。今回のツアーにわたしが参加した主な目的はそこにあった。勿論初めてのコースでもあった。
洋画「十戒」の舞台でもあり、そのクライマックスでもある紅海渡渉の場面。紅海が二つに割れるところをどのように撮影されたのかという好奇心も手伝って、群馬県・草津の療養所から東京までわざわざ出かけていった時のことなどを思い起こしながら、シナイ半島に向かった。モーセに率いられて渡った場所は推定の域を出ない。現在のスエズ運河の比較的南の方であろうと言われているが、それも定かでない。いずれにしてもその辺りのスエズ運河の下をトンネルが通っており、あっけなくシナイ半島に入った。砂漠地帯を暫く走ったところに「モーセの泉」と伝えられているところがあり、バスから降りてその泉の中を覗いたら水は涸れて砂で埋まっていた。そのモーセの泉の周囲にはナツメヤシがまばらに生えていた。この辺りには地下水が通っているのだろうと思った。
 このモーセの泉にまつわる聖書の記述は、出エジプト記第十五章二十二節以下にある「ラマの苦い水」の記述。海を渡って荒れ野を三日進んでから、やっと水を発見したが苦くて呑めなかった。そこで〈民はモーセに向かって、「何を飲んだらよいのか」と不平を言った〉。すると主がモーセにお示しになった「一本の木」を投げ込むと「水は甘くなった」。また、出エジプト記第十七章の「岩からほとばしる水」の記述によれば、民は水のことでモーセと争ったり、主を試した時、ナイル川を打った杖で岩を打ったら水が出た、というメリバの場面を思い浮かべながら、ナツメヤシの茂るレピデムを経てシナイ山麓に在るホテルに着いた。
 シナイ山麓のホテルは山荘風で麓の丘を覆うように点在していて、比較的高いところの一室に泊まる事になった。部屋に荷を下ろしてベランダに出たところ、真っ赤な夕焼けに映えたシナイ山の荘厳な雄姿が真正面に聳えていて感動した。そこで見たシナイ山は洋画の「十戒」のロケに使われて有名になった山、格好いい美しい夕焼け姿の山だった。早速小林司祭にお願いして動画でカメラに収めた。
 翌早朝(午前二時)から、希望者のみでのシナイ登山。このシナイ山はカメラに収めた山とは別のシナイ山だった。聖書の物語でモーセが登って神の声を聞いたシナイ山だと伝えられている山も、また確かではない。このシナイ半島には「シナイ山」と呼ばれている山はほかに幾つも在るそうだ。
 このシナイ登山にはわたしは参加せず、休息を兼ね山荘で一人寝ていた。小林司祭とT姉はわたしが知らないうちに起きて参加した。登山から帰って来た小林司祭は、帰る早々"やぁー疲れた!"と嘆息しながら、若いときに登ったがこんなに疲れたとは思わなかったと呼吸を弾ませていた。T姉も大変だったと登山の感想を語っていた。登山組が皆下山してからホテルで朝食を摂った。
 ところで、この項に入ってから、丁度、モーセに率いられたイスラエルの民が四〇年間もシナイ半島で彷徨ったように、執筆が思うようにはかどらなかった。そのわけは、主に目の調子が悪かったことが大きな原因だった。イスラエルの民がエジプトでの奴隷生活から足を洗って、約束の地へ向かうに先だってシナイ山麓に集結し、神から「十戒」を賜ったという、その偉大な出来事が語るメッセージの意味を、容易に読み取れなかった事も執筆を滞らせていたと思う。
 イスラエルの民への「十戒」授与は、神とイスラエルの民との契約の証であり、神の見守りと約束の地を得る保証(掟)でもあった。その「掟」は単にイスラエル民にとどまらず、すべての民族にも示された「掟」の原点のように思う。そのような「掟」に相当する「法律・憲法」は、どのような民族・国家・運命共同体にも潜在的に存在している。それによって、団体・集団にもその集まりを纏めるための会則なり規約なりがあってその運営を円滑にする事が出来るのだ。
 シナイ山での「十戒」授与はイスラエルの民を結集し「運命共同体」を形成した「偉大な掟」を象徴するシナイ山の魅力に心惹かれながら、アカバ湾沿いを通って、タバの国境越があり、此処でシナイ半島の旅を終えていよいよイスラエル国に入った。そして一路、死海沿岸のホテルに向かった。

more...

FC2カウンター
プロフィール

ひつじ

  • Author:ひつじ
  • ひつじぃの新たなる挑戦!“ブログ”
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
聖書のことば
「主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。」(旧約聖書(口語訳)・詩篇第23篇2節)
カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策 国内格安航空券サイトe航空券.com ショッピングカート FC2ブログランキング ブログ サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。