FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年度・愛知県郷土訪問事業に参加(Ⅰ)

プラザー愛知県健康プラザーを宿泊所に、10月14日から16日の2泊3日の日程で、2009年度の郷土訪問事業が行なわれた。駿河療養所、長島愛生園、邑久光明園、菊池恵楓園の4箇所から15人が参加した。新型インフルエンザのために参加できなかったところもあった。

課長の挨拶第1日目の夕食は健康プラザーホテルで、県の歓迎夕食会が開かれ、課長の歓迎の挨拶に続いて丸山主幹の音頭で“全員の健康を祝して…乾杯!”の後参加者全員が思い思いに歓談しながら再会の喜びを交わしていた。


婦人会からの贈り物健康プラザーホテルでの歓迎夕食会には、県地域婦人会からも出席しておられ、その会場で、婦人会からのお土産の贈呈がありました。




町役場の副町長他郷土訪問の第二日目(10月15日)は観光をはじめ、墓参をする者、啓発活動に参加する者など、各自の自由行動の日という事で、私は自分の生まれた町の副町長はじめ、民生部長、町の人権委員、民生委員の代表者との懇談会に出席して、ハンセン病の過去と今日について語った。

  その中で感じた事は、一口に言って、ハンセン病に関しては全く無関心であるという事でした。ある人権委員のひとりは、啓発と言われても町民は皆、関心が無いから…という。偏見・差別は無関心と無知からだと言われ居るからこそ、啓発活動が大切ではないだろうか?

  今から80年前(昭和4年)には、愛知県の2人の僧侶に案内されて当時の方面委員(現在の民生委員)数十人で岡山県下に建設中の長島愛生園を見学した後、こんな立派な療養所が在るのだから、地元に在宅しているハンセン病者を探し出して岡山に在る長島愛生園に送り込み、ハンセン病者の居ない県にしようという運動を起したのであった、愛知県は世に言う「無らい県」運動のさきがけとなり全国に広まったのである。そんな経緯も在って全国ハンセン病療養所(11ケ所)のなかでも愛知県出身者が一番多いのは長島愛生園である。

  因みに、今回のような県が事業として行なっている「里帰り」とか「郷土訪問」が始まったのは、実は 1964(昭和39)11月4日、鳥取県が全国で初めて実施したと言われています。当時の衛生部長の発案で、岡山県の長島愛生園及び邑久光明園の入所者4名を郷里りに招待したと当時の新聞は報道しているが、その衛星部長の発案の趣旨は国策の隔離政策や「無らい県運動」にも加担して、県内のハンセン病患者さんを療養所へ送り込んだことの過ちを謝罪する思いからであったという。

  そのような、過去の過ちを謝罪する~重く尊い発想~から行なわれている、里帰り事業とか郷土訪問事業だからこそ、県内の啓発にも心を持ち得べきではないだろうす。愛知県の場合は昭和41年から平成13年までは藤楓協会愛知県支部が実施し、平成14年度からは県で実施。島愛生園の愛知県出身者12人を対象に、2泊3日の郷土訪問事業を実施した。近年は療養所・入所者の高齢化が進み、毎年に2、3の療養所単位で実施してきている。 当初は、適当な宿泊場所がなく、県立尾張病院(一宮市)の看護婦宿舎や県立城山病院(千種区). の一時救護所を利用した。 ...
  
2009年度・愛知県郷土訪問事業に参加(Ⅱ)へ~つづく~

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ひつじ

  • Author:ひつじ
  • ひつじぃの新たなる挑戦!“ブログ”
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
聖書のことば
「主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。」(旧約聖書(口語訳)・詩篇第23篇2節)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策 国内格安航空券サイトe航空券.com ショッピングカート FC2ブログランキング ブログ サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。