FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンセン病啓発活動(その2)

       ハンセン病啓発活動(その2)

       ~12月10日は「人権デー」である~
 第3回国際連合総会が「世界人権宣言」を採択したのは1948(昭和23)年12月10日である。それを記念して1950(昭和25)年の国連総会で記念日とした。以来、
12月10日を最終日とした一週間が人権週間として守られるようになって今日に至っている。その宣言文の第1条に「すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。」とある。


     ダリア2     ダリア1jpg

教会の門柱の側に植えた皇帝ダリアが咲きました。背丈が2メートルにも伸びています。


        人権問題の生きた教材に!

 啓発講演に招かれて、講演後の質問で、よくある質問に“私たちに出来る事で何を望まれますか?”という類の質問を受けることが多い。“偏見と差別はその対象が無くなれば自然になくなる。しかし、偏見と差別はハンセン病に限った事柄に止まらない。”
 なぜなら、この世の偏見と差別は人の数だけ存在する、といった先人が居た。という事は、人は皆互いに偏見と差別の渦中に在って人の世の社会が形成されているのだ、といえない事はない。この世の中で一番厄介な問題である。国際レベルで「人権デー」が定められたのもグローバルな偏見と差別を考える~人権問題の教育~に力を注いできたことか?偏見と差別を克服するためにはどう在るべきか?この世の永遠の課題ともいうべき事柄とどのように向き合って生きていったら良いのか?
 ハンセン病を患った人たちは理不尽な偏見と差別をどのように克服し生きて来たのだろうか?その生き方・在り方を学ぶ機会がハンセン病啓発活動の中にある。ハンセン病に対する偏見と差別に悩み苦しめられ、理不尽な扱いを受けて来た人々の生の声を聞く事によって、人を差別することがどんなに残酷で酷い仕打ちを与えて来たのか?素直で謙虚な思いで学び取ることが大切な事ではないでしょうか。まさに人権問題を考える最適な生きた教材の一つがハンセン病啓発活動の中にある。

*****************************************
*****************************************

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ひつじ

  • Author:ひつじ
  • ひつじぃの新たなる挑戦!“ブログ”
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
聖書のことば
「主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。」(旧約聖書(口語訳)・詩篇第23篇2節)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策 国内格安航空券サイトe航空券.com ショッピングカート FC2ブログランキング ブログ サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。