FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「訪問」を「交流」に(1)

 ハンセン病患者を隔離収容する国策に加担した「無らい県運動」を通じて、ハンセン病療養所へ送り込んで来た事に対する謝罪の気持ちから、鳥取県は入所者の「郷土訪問事業」を他県に先駆けて1964(昭和39)年11月4日に実施したと言われて居る。それ以後、他県でも「ふるさと訪問」または「郷土訪問」として県の事業を行うようになった。愛知県では1966(昭和41)年から始まった。1966(昭和41)年~1995(平成13)年は藤楓協会愛知県支部が行っていたが、翌1996(平成14)年から県の事業として行うようになった。
 1964(昭和39)年に、鳥取県が初めて「郷土訪問事業」を開始して以来、40余年の歳月が経過し、今はその内容も様変わりして来ている。当初は入所者に大変喜ばれた。療養所に入所した経緯は異なっていたとしても、強制収容、渋々の自発的にしろ、家族からも見放され、ふるさとから追い出された事には代わりはない。家族のためにと、理不尽な別れを強いられた挙句、入所した療養所とは名ばかりの、隔離収容所で強制労働を強いられ、ただ望郷の思いだけを積み重ねて来た月日。
 戦後、ハンセン病の特効薬・プロミンの出現に不治からの解放に喜んだ。ハンセン病後遺症を持たない若い人々の多くは社会復帰を果たしたが、ハンセン病は完治しても後遺症を持った人々や高齢者の殆どは今居る療養所を第二のふるさととして終生療養所に止まらざるを得なかった。そんな時期に「郷土訪問」が企画され、たとえ自分の家に帰る事は出来なくても、自分が生まれた家の様子や周囲の変化を自分の目でひと目見たいと思って参加し、ふるさとの変貌振りに歳月の流れを痛感して思わず涙することもあった。視力を失った者の中には、郷里の道端に生えている草を摘んで貰ってその草を噛みながら郷土の香りの懐かしに感涙する風景もあって「郷土訪問」はわが郷里と長い間隔絶されていた人々とにとって大いなる慰めとなって歓迎されていた。~つづく~

comment

Secret

愛知テレビ

 ひつじさん、続き楽しみにしていますよ♪
 ところで、愛知テレビのあの方の6月のコラムは読まれましたか。

 「ハンセン病問題はおわらない」
なかなかでしたよ。

URLにいれておきますね。

小笠原登

 ついでに、2005年6月からのコラムを時系列で読んでみました。
 
 URLにいれておきます。

 小笠原登さんは、名誉町民になられたんですよね。よかったですね。すこし、ひつじさんの希望がかなってきていますね。
 名誉県民でもいいのにね~。

URL有難う

うのさん、梅雨明けして早速猛暑襲来(>_<)コメントにはコメントでお答えした方がいいですね、これからそうします。
書き込みの続き気は今週には書きたいと思っています。(^_^;

続きの記事は…

うのさん、暑いですね(^_^;
つづきの記事を午前中に少し書きましたが、今日明日のうちにはアップできると思います。言いたいことがありすぎて(>_<)つい長くなって午前中には書ききれませんでした。今回は前回よりも長文になりそうです。お楽しみに…(^o^)/~
FC2カウンター
プロフィール

ひつじ

  • Author:ひつじ
  • ひつじぃの新たなる挑戦!“ブログ”
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
聖書のことば
「主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。」(旧約聖書(口語訳)・詩篇第23篇2節)
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策 国内格安航空券サイトe航空券.com ショッピングカート FC2ブログランキング ブログ サーバー・レンタルサーバー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。